医師、看護師も来院する安心と信頼の本格派 整体院 大阪府門真市 あらき自然療法院 整体 ほぐし 60分 税込4,000円  肩こり・腰痛・ぎっくり腰・関節痛・頭痛など

REN空術研修会

画像の説明

R・E・N」研修会 受講生募集

画像の説明
※詳しくは「REN空術とは」をお読みください。

情報修正で心身を癒す『REN空術』を習得するための「REN空術研修会」
受講希望される方は「R・E・N」のメンバーであり「REN空術師」である
「あらき自然療法院」荒木院長まで「研修受講希望」の連絡を入れてください。
その際「受講に関わる希望条件(開催曜日・開催頻度・開催場所など)」を遠慮なく
お話しください。

あらき自然療法院、荒木院長の携帯 090-2063-2672


<受講日数>

1日5時間の受講で5日間の「研修会」となります。


<受講内容・目的>

「情報修正で心身を癒す」REN空術は、他に類を見ない画期的な療法です。
そのREN空術」の基本を学びます。


身体が起こす変化
ボディー・タッチ(身体の確認)
臓器の確認
空観リーディング
骨盤調整
瞬間骨盤調整法
仙椎ストレス消去法
臓器アプローチ
定触法
など

画像の説明

【注意】
本格的な『REN空術』は「Cシリーズ全12回」及び「特別研究会」で研鑽していきます。REN空術師になるためには2~3年の継続した研鑽が必要になります。
このREN空術研修会は「REN空術を学ぶ為の準備講座」です。



「研修会」終了後が本格「REN空術」の研究会

「REN空術」でプロとして活躍する為に「R・E・N」のメンバーは全国各地で行われている「REN空術研究会Cシリーズ」「特別研究会」「呼吸塾」「呼吸法鍛錬会」、長野の「REN空術夏合宿」など
より深い技術運用を極める為の定期的な研鑽プログラムに参加し、本格的なREN空術を学んでいくことになります。

「Cシリーズ」全12回を終了すれば「REN空術師」を認定されます。プロとして通用する「REN空術師」になるためには2~3年の研鑽が必要です。
※「研究会」「特別研究会」「呼吸塾」「呼吸法鍛錬会」「夏合宿」などへの参加は強制ではありません。各自のペースで自由に選択する事が出来ます。


【重要】
呼吸塾のすすめ・・・
REN空術がエネルギーワーク(気功法)である為に、気を練る「呼吸法」の鍛錬は必須となります。「定触法」「臓器アプローチ」はもとより、「瞬骨」「仙椎ストレス消去法」「三層修正」「スパイラル法」「ループの理論」などの技術においても、気のレベルがその技術の差となって表れてきます。特に「定触法」の高等技術であるS1~S4は呼吸法の技術がなければ運用できません。
それ以上にREN空術を運用する為の最大要件の一つである「場の理論」における患者さんとの「施術場」を組む際の「呼吸の同調法」を身につける為には、欠かせない技術です。

「呼吸塾」と、その応用の「呼吸法鍛錬会」の受講、及び日々の呼吸法(気功法)鍛錬はREN空術を運用するに当たっては非常に大切な要件となります。

受講は強制ではありませんが、REN空術が「どのような技術か?」を考えた場合、「呼吸塾」「呼吸法鍛錬会」「日々の呼吸法鍛錬」が重要である事を理解してください。


R・E・Nでは「研修会」に関する勧誘等は一切行っておりません。全ての「研修会」は、自主的な希望によって実施されています。

<受講料>


   250,000円(受講費+諸経費込み+「修了試験・修了証」)


※上記以外に「R・E・N年間サービス受益費」が必要となります。



「R・E・N年間サービス受益費」とは

R・E・Nメンバー」として、様々なサービスを受ける為の費用です。

  年間サービス受益費 : 12,000円(年額)

「年間サービス受益費」は研修開始月からの計算となります。
4月開始なら9,000円。8月開始なら5,000円。但し、10月以降は翌年度の受益費も一緒の払い込みとなるので、10月なら13,000円(翌年分、割引10,000円含む)です。
特に遅れて次の月から受講が始まった場合も、「研修開始月」が入会月になります。
注意してください。
例)4月に「研修」が始まり、5月から特別補習でその研修に遅れて入った場合も4月分の「受益費」がかかります。

※「メンバー・サービス」の詳しい内容や、「R・E・N」の規約については
あらき自然療法院」まで、お問い合わせください。


※研修を受ける前に「REN空術」を体験して頂くため、当院の「自然療法コース」
(「REN空術」使った施術)を、受けて頂くことをお勧めいたします。

※「整体ほぐしコース」の最後に行っている気功も、「REN空術」の「定触法」や「浮触」と言われる施術法です。





画像の説明

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional